にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ
にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ セレブ系へ
banner_03.gif

2006年11月08日

ヘヴィ・ロック・バンドのSTAINDが初のベスト・アルバムとビデオ・コレクションを発売

ヘヴィ・ロック・バンドのSTAINDが初のベスト・アルバムとビデオ・コレクションを発売

歌心あるヘヴィ・ロックで独自のスタイルを確立し、全米アルバム・チャートNo.1にも輝いたバンド、ステインドがキャリア初となるベスト・アルバムを12月6日にリリースする(輸入盤は11月14日発売)。本作はデビュー10周年を迎えた彼らのヘヴィー&メロディックの軌跡が詰まった濃厚な1枚。また、1月17日には初のビデオ・コレクションもリリース。こちらは“It's Been Awhile”“Right Here”などのヒット曲のプロモ・クリップはもちろんのこと、彼らを一躍有名にした楽曲“Outside”のファミリー・ヴァリューズ・ツアー参戦時の模様など、多くの貴重な映像も収録。ベスト・アルバムとビデオ・コレクション、両方あわせてファン必携の作品となっています。

2006-11-08
OOPS!




海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:ROCK

US西海岸パンクの代表的バンド、RANCIDからドラムスの BRETT REEDが脱退

US西海岸パンクの代表的バンド、RANCIDからドラムスの BRETT REEDが脱退

US西海岸パンク・シーンの代表格として知られるカリフォルニア発のヴェテラン・パンク・バンド、ランシドからドラマーのブレット・リードが脱退したことが明らかになった。ブレットは、1991年の結成当時から参加していたオリジナル・メンバーで、15年もの間バンドの屋台骨としてそのサウンドを支えてきた。脱退の理由については明らかにされていないが、バンドのオフィシャル・サイトには、バンドからブレットに向けての感謝の辞がアップされている。また、今後予定されているライヴではブレットに代わって、元ユーズドのブランデン・スタインエッカートがドラムスを務めとのことだが、彼を正式なメンバーとして迎え入れるかは不明となっている。彼の脱退は非常に残念なニュースですが、お互いの今後の活動に期待しましょう!

2006-11-07 bounce.com

海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:PUNK ROCK

英〈Warp〉レーベル所属、奇才PLAIDが手がけた劇場アニメ「鉄コン筋クリート」のサントラ盤。12月20日発売

英〈Warp〉レーベル所属、奇才PLAIDが手がけた劇場アニメ「鉄コン筋クリート」のサントラ盤。12月20日発売


オウテカ、スクエアプッシャー、プレフューズ73など、テクノ通過後のレフトフィールド・サウンドを展開するイギリスの老舗レーベル〈Warp〉所属にして、ビョークなど大物アーティストのリミキサーとしても活躍するアンディ・ターナーとエド・ハンドリーからなるプラッドが、12月公開予定の劇場アニメ「鉄コン筋クリート」のオリジナル・サウンドトラックを手がけた。単なるエレクトロニカやダウンビートに落ち着くことのないプラッドならではのポップさがアニメというフォーマットの上でさらなる輝きを見せた作品となっている。7月発売の5作目『Greedy Baby』からわずか数ヶ月のリリースとあって、ファンには嬉しすぎるハプニングといえるだろう。12月20日発売予定。

2006-11-08
OOPS!

海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:techno CLUB

NEW YORK DOLLS再結成の舞台裏を描いた映画「New York Doll」を、DVDで再び!

NEW YORK DOLLS再結成の舞台裏を描いた映画「New York Doll」を、DVDで再び!

1972〜75年というたった3年間の活動ながら、奇抜すぎるビジュアルとキャッチーで荒々しいサウンドで、パンクやグラムロックに影響を与えたといわれる伝説のロックバンド、ニューヨーク・ドールズ。そのベーシスト、アーサー・“キラー”・ケインのその後を軸に、2004年のバンド再結成に至る過程を描いたドキュメンタリー映画「New York Doll」が、DVDで07年1月11日にリリースされる。
 
 解散後もバンドへの想いを断ち切れず、結婚に失敗し、アルコールやドラッグに手を出し、どん底の人生を送っていたアーサーは、モルモン教への改宗により人生を立て直し、ついに長年の夢であったバンド再結成にたどりつくのだが……。監督グレッグ・ホワイトリーが、ロックの神様という地位から一気に転落した一人の男に興味を持ったことがきっかけで制作されたこの映画、音楽ドキュメンタリーとしてだけでなく、天国と地獄を味わったアーサーの数奇な運命と、彼にまつわるさまざまな人間模様を克明に描いたドラマとしても、見応えある力作に仕上がっている。
 
 DVDには本編のほかに特典映像として、予告編のほか、監督とモリッシーへのインタビュー、デヴィッド・ヨハンセン&ブライアン・クーニンアコースティックセットも収録。モリッシーは、遠くイギリスの地でバンドの追っかけや非公式ファンクラブの会長を務めたほど熱狂的なファンであり、再結成のキー・パーソンでもあるだけに、貴重な話が聞けるはず。なお、本作のスペシャルBOX仕様(オリジナルTシャツ封入、オリジナル・ブックレット封入)も、同日発売。こちらは初回限定となるので、手に入れたい人はお早めに!


2006-11-07
OOPS!


海外芸能情報 にほんブログ村

知ってると結構うれしい! iPod歴代CM曲

知ってると結構うれしい! iPod歴代CM曲

シンプルでインパクトがあって、クリエイティヴィティに溢れている。15秒というわずかな時間の中でも、十二分に人々を魅了できるクオリティを持ったiPodのCM。有名な俳優を使ったり、最新鋭のCGを使ったりしているわけではないのだが、ちょっとした発想の転換と工夫で、iPodというクリエイティヴ・ツールの本質を分かりやすく端的に伝えている。

このCMの中で映像とともに重要な役割を果たしているのが、ハイセンスな楽曲たちだ。BARKSでは過去のCM曲を調べて以下に列挙してみた。プロペラヘッズ、B.E.P、N.E.R.D.をはじめ、エアギター選手権でもおなじみ(?)ジェットやコラボモデルも話題になったU2、CMのイメージを一転させたエミネムなどなど、まさにポップ・アイコンともいうべき面々が名を連ねている。これをもとに『Compilation : iPod CM』なんてプレイリストを作成してみるのも楽しいかもしれない。

ちなみに、先日から掲出してるiPod nanoのバナーが、パワーアップしたことをみなさんご存知だろうか? 一連のムービーが終了した後にバナーへオンマウスすると、ビヨーンとバナーが広がって、なんとBARKSのサイト自体にiPod nanoで落書きができてしまうのだ。ちょっとした悪ノリ感覚だけど、いつでも時代を変えてきたのは、ちょっとした楽しいアイディアだったりする。先日発表されたナイキとのコラボレーションNike+も然りだが、iPodはただのプレイヤーではなく、自分で自由に楽しめるクリエイティヴ・ツールだ。

いつもとはちょっと違う視点から物事を見てみたら、いままで気付かなかった新しい発想が見つかるかもしれない。

◆iPod歴代CM曲一覧
「Take California」Propellerheads
「Hey Mama」Black Eyed Peas
「Are You Gonna Be My Girl」Jet
「Rock Star (Jason Nevins Remix)」N.E.R.D.
「Channel Surfing」Feature Cast
「Ride」The Vines
「Walkie Talkie Man」Steriogram
「Saturday Night」Ozomatli
「Vertigo」U2
「Jerk It Out」Caesars
「Feel Good Inc (Single Edit)」Gorillaz
「Technologic」Daft Punk
「Gimme That」The Resource featuring Jimmy Napes
「Original of the Species」U2
「Lose Yourself」Eminem
「Sparks」Wynton Marsalis
「Cubicle」Rinocerose
「Love Train」Wolfmother
「The Audience Is Listening (Theme Song)」Cut Chemist



11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:CM ipod

ネリー・ファータド、ポルトガルのオペラにゲスト出演

ネリー・ファータド、ポルトガルのオペラにゲスト出演

ネリー・ファータドが、ポルトガルのテレビで放送されるオペラ『Floribella』にゲスト出演することになった。同オペラは、アルゼンチンで大ヒットした『Floricienta』のリメイク。ファータドは、ポルトガルの島から移民した娘役を演じるという。

現在、ファータドは3枚目のアルバム『Loose』のプロモーションをかねてポルトガルに滞在中。間もなくオペラの収録を行なうという。番組は今月末、同国のテレビ局SICより放送される。

『Floriienta』は、シンガーになることを夢見る貧しい娘を描いたシンデレラ・ストーリー。アルゼンチンでは、子供の観客が多いという。

ポルトガルのインタヴュー番組に出演したファータドは、いつか女優としても活躍したいとの夢を語っている。

Ako Suzuki, London


11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:pop

ザ・ゲーム、新作を自らネット上に流出!?

ザ・ゲーム、新作を自らネット上に流出!?

ザ・ゲームがプロモーションのために、ニュー・アルバム『Doctor's Advocate』の音源をネット上に流出させたと、AllHipHop.comが報じている。

これはザ・ゲーム自らインタヴューで明らかにしたもので、『Doctor's Advocate』の放送禁止用語などが全て消されているクリーン・バージョンを流出させたことを明らかにした。

ザ・ゲームはこれを「ストリートでクラック(ドラッグの一種)を売る時と同じやり方だ」と語り、クリーン・バージョンを聴いた人々が通常販売されているダーティ・バージョン(放送禁止用語が消されていないバージョン)を買いたくなるように仕向ける、プロモーション手段の一つであると説明している。

また、ザ・ゲームはデビュー・アルバム『The Documentary』のリリース前にも同じように発売の約2週間前にクリーン・バージョンを流出させたことを認め、このプロモーション方法との関連性は不明であるが、同アルバムは通算500万枚を超える大ヒットを記録している。

関連ニュースとしては、ザ・ゲームは『Doctor's Advocate』からの先行シングルである「It's Okay (The Blood)」の約12分にわたるリミックス・バージョンをMyspaceの自身のページにて発表した。

このリミックス・バージョンには20名以上のラッパーが参加しており、登場順にジム・ジョーンズ、スヌープ・ドッグ、ナズ、T.I.、ファット・ジョー、リル・ウェイン、ノリエガ、ジェイダキッス、スタイルズ・P、ファボラス、ジュエルズ・サンタナ、リック・ロス、トゥイスタ、ドッグ・パウンドのクラプトとダズ・ディリンジャー、W.C.、E-40、バン・B、カミリオネア、スリム・サグ、ヤング・ドロー、ザ・クリプスのマリスとプッシャー・T、ジャ・ルールといったそうそうたるメンツが名を連ねている。

K.Omae, LA


11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村

ジェイ・Z、1日8都市を巡る前代未聞の全米ツアー

ジェイ・Z、1日8都市を巡る前代未聞の全米ツアー

ジェイ・Zが1日でアメリカの8都市を巡るコンサート・ツアーをアメリカ時間の明日、11月8日に行なう予定であるとSOHH.comが報じている。

情報筋によると、この8都市のうち現在明らかとなっているのが、ワシントンDC、アトランタ、シカゴ、ラスベガスの4都市であり、残り4都市にニューヨーク、バルチモアは含まれていないという。このニュースを最初に報道したワシントンDCのラジオ局WPGCによると、すでにワシントンDCでのチケットは一部で出回っているものの、入手方法は発表されておらず、またライヴ会場も完全に秘密になっている。

なお、このコンサート・ツアーに関して、所属レコード会社などからの公式発表は一切行なわれていない。

K.Omae, LA


11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村

ビヨンセ、『Dreamgirls』サントラの詳細が発表

ビヨンセ、『Dreamgirls』サントラの詳細が発表

ビヨンセ主演の映画『Dreamgirls』のサウンドトラック・アルバムが12月5日にリリースされることが決定したと、PRNewswireが報じている。

この『Dreamgirls』のサウンドトラック・アルバムからはすでに報じられているようにビヨンセの新曲「Listen」が11月14日に先行シングルとしてリリースされ、同じくビヨンセの新曲「One Night Only」が2ndシングルとして予定されている。

同アルバムにはビヨンセの他にジェイミー・フォックス、エディ・マーフィーといった『Dreamgirls』の出演者らが参加しており、「And I Am Telling You I'm Not Going」(ジェニファー・ハドソン)、タイトル曲「Dreamgirls」(ビヨンセ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ)や「Steppin' to the Bad Side」(ジェイミー・フォックス)などの劇中歌が多数収録されている。

なお、映画『Dreamgirls』は12月15日にニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコにてプレミア上映が行なわれ、全米での劇場公開は12月25日にスタートする予定である。

K.Omae, LA



11月8日 BARKS


海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:ビヨンセ R&B

オアシス、ニュー・アルバムの制作をスタート?

オアシス、ニュー・アルバムの制作をスタート?

オアシスが今月、スタジオへ入るようだ。'08年までニュー・アルバムは出さないとの発言もあった彼らだが、もっと早く手にすることができるかもしれない。

リアム・ギャラガーは『Uncut』マガジンにこう話している。「俺たち今月、何かを始めるつもりだ。スタジオへ入んだよ。なんてこった。ハイウィカムにあるチューダー調のおんぼろ農場だ。そんなとこに居座って、やんなきゃならねえわけだ。ノエルが曲を作るのを待たなきゃいけねえけどな」。

オアシス関連ニュースとして、彼らのベスト・アルバム『Stop The Clocks』のリリースに合わせ、ロンドンで写真展が開催されることになった。トッテンナム・コート・ロードのレコード・ショップ『FOPP』では、11月13日から12月17日までの間、ジル・ファーマノフスキーが撮影したデビュー当時から'96年のマンチェスター・メイン・ロードでのコンサートまでのベスト・ショットを展示する。また、全作品のサイン入りの限定版も売りに出されるという。

Ako Suzuki, London

■関連ニュース
オアシス出演! MySpace Japanオープン記念シークレットギグにご招待!!
http://www.barks.jp/news/?id=1000027972


▼ Oasis
http://www.barks.jp/artist/?id=1019802
11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:OASIS ROCK

ピート、自身の関わるファション・ブランドのためにギグ

ピート、自身の関わるファション・ブランドのためにギグ

ベイビー・シャンブルズが、マンチェスターのファッション・ブランドGio-Goiのために来月、スペシャル・パフォーマンスを行なうことになった。今年2月からGio-Goiの新作コレクション<Rock'n Roll Sprint/Summer Collection>のデザインに関わってきたピート・ドハーティは、コレクションの発表を記念し、キャット・ワークに代わりライヴを行なうという。

ドハーティは、これまでにオアシス、ハッピー・マンデーズ、ニュー・オーダーなども愛用してきたGio-Goiを「ファッションに敏感な人の溜まり場」と評している。Gio-Goiのスポークスマンはドハーティの「インテリで鋭いキャラクター」を見込んでコラボを頼んだそうだ。コレクションは、12月7日にロンドンのセルフリッジより発売される。

ベイビーシャンブルズのスペシャル・ギグは、12月7日にロンドン某所で開かれる。チケットの申し込みはGio-goi.comまで。

余談だが、ドハーティがGio-Goiに関わる一方、ガール・フレンドのケイト・モスは同じく英国の人気ブランドTopshopとデザイナー契約。間もなくケイト・モス・コレクションが発表される。

Ako Suzuki, London


▼ Baby Shambles
http://www.barks.jp/artist/?id=1000000317
11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村

ゴー・チーム、話題のナイキCMソングに問い合わせが殺到中!

ゴー・チーム、話題のナイキCMソングに問い合わせが殺到中!

“JUST DO IT”を合言葉に、毎回クールな印象を残してくれるNIKEのCM。現在、スポーツの楽しさ・素晴らしさを伝えるキャンペーンの一環として、ボクシングの亀田興毅選手や、BoAを起用したスタイリッシュかつポップでスポーティーなCMがオンエア中だが、同CMのバックに流れている、闘争本能をかき立てるようなファンキーでグルーヴィなCMソングに問い合わせが殺到している。

この楽曲「THE POWER IS ON」を演奏するのは、'05年の“FUJI ROCK FESTIVAL”で初日本上陸を果たし、強烈なインパクトを残したUKの6人組バンド、ゴー・チーム。その斬新なサウンドは、“ジャクソン5 meets ソニック・ユース”と称され、英NME誌には“もっとも革新的なバンドのデビュー作”と大絶賛されるほど話題を呼んでいる。

60'sポップからオールドスクール、ニューウェイヴ、ソウル、パンク、モッズ、アイリッシュ、オルタナなどをゴッタ煮にしたようなハチャメチャ・サウンドは一聴の価値あり! 現在、NIKEのオフィシャル・サイト( http://www.nike.jp/jdi/ )よりCM映像を視聴できるほか、ゴー・チームのレーベル・オフィシャル・サイト( http://www.vroom-sound.com/goteam/ )からもCMソング「THE POWER IS ON」含む数曲を試聴することができるので、気になる人は要チェック!

VIBE-NET.COM 11月8日



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:ROCK

ラスカル・フラッツ、今年は“素晴らしい年”!

ラスカル・フラッツ、今年は“素晴らしい年”!

日本デビューを飾った全米マルチプラチナ・グループのラスカル・フラッツ。このたび発表された米カントリー・ミュージック・アワード(CMA)で今年も実力を示した。日本では名が知られ始たばかりだが、グループは4年連続で同賞を受賞。ヴォーカル・オブ・ザ・イヤーに輝いている。AP通信によれば、ゲーリー・レヴォックス(Vo)が'06年は「素晴らしい年」だったとし、ライヴ活動などについて“神”に感謝していている。セレモニーの当日は「My Wish」をパフォーマンスした。

ラスカル・フラッツは米ツアー中。11月9日にロサンゼルスでコンサートが行なわれる予定だ。アルバム『Me And My Gang』からのシングル「What Hurts The Most」が大ヒットしている。

T.Kimura




▼ Rascal Flatts
http://www.barks.jp/artist/?id=2000153498
11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:music

ノラ・ジョーンズ、新作収録曲

ノラ・ジョーンズ、新作収録曲

ノラ・ジョーンズの大ヒットアルバム『Feels Like Home』('04年)に続くニュー・アルバム『Not Too Late』のトラックリストが分かった。Billboard.comによると、米盤では13曲収録、1/30に全米リリースされるという。現時点で判明している収録曲は次の通り。

「Wish I Could」
「Sinkin' Soon」
「The Sun Doesn't Like You」
「Until the End」
「Not My Friend」
「Thinkin' About You」
「Broken」
「My Dear Country」「Wake Me Up」「Be My Somebody」
「Little Room」
「Rosie's Lullaby」
「Not Too Late」

ジョーンズはリトル・ウィリーズとしても活動中。

デビュー・アルバム『Come Away With Me』は全米No.1を獲得した。10×プラチナに認定されている。

T.Kimura


▼ Norah Jones
http://www.barks.jp/artist/?id=52010245
11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村

カニエ・ウェスト 賞を逃して暴言を吐く

カニエ・ウェスト 賞を逃して暴言を吐く

カニエ・ウェストは感情を抑えることができないらしい…特にアワードの席では。

シカゴ出身の才能溢れるプロデューサー/ラッパーは、現地時間の2日にデンマーク・コペンハーゲンで開催されたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで、3部門にノミネートされていた。だが、最優秀ビデオ賞が自身ではなく、ジャスティス Vs. シミアンに贈られたことを知ると、罵り始め、自身のノミネート作品「Touch the Sky」に関する演出法を語り始めたという。

カニエはその夜、2列目の席でディディの隣りに座っていた。プレゼンターを務めたティンバランドが「受賞者は…」と言うやいなや、彼はステージに上がって自身の意見を述べていた。同部門の受賞作品を観たことがないと認めながらも、「すごく良い作品だったのかもしれないが、「Touch the Sky」より良いわけがない」と言い放った。

カニエは2004年度のアメリカン・ミュージック・アワードでも、賞を逃して同じような発言をしていた。そのため、彼が出席するアワードでは必ずコメントに注目が集まっていた。

カニエが最優秀ヒップホップ・アーティスト賞を受賞した今年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの模様は、MTVで11月25日(土)21時よりオンエア(初回放送、リピートあり)。お見逃しなく!

MTVJAPAN.com
11月7日



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:Hip Hop

WU-TANG CLAN(ウータン・クラン)のドキュメンタリー「ROCK THE BELLS」のプレミア上映が決定!

WU-TANG CLAN(ウータン・クラン)のドキュメンタリー「ROCK THE BELLS」のプレミア上映が決定!
今年開催10周年を迎えるサンフランシスコ発、世界最大級のデジタルフィルムフェスティバル、RESFEST(レスフェスト)で、WU-TANG CLAN(ウータン・クラン)のドキュメンタリー「ROCK THE BELLS」の日本プレミア上映が決定した。

これはWU-TANG CLAN(ウータン・クラン)が2004年7月に「ROCK THE BELLS」という西海岸最大のヒップホップイベントで10年ぶりに再結成された時のドキュメンタリー。

このライブの4ヶ月後に亡くなったOL' DIRTY BASTARD(オール・ダーティ・バスタード)の最後の素顔は必見だ。

【ROCK THE BELLS上映日程】

・東京 11月25日(土)19:20〜
・京都 12月 1日(金)19:10〜
・神戸 12月 8日(金)19:00〜

ROCK THE BELLS公式WEBサイト
http://www.rockthebellsmovie.com/


【RESFEST ジャパンツアー日程】

・東京:2006年11月23日(木)〜26日(日) ラフォーレミュージアム原宿
・京都:2006年12月 1日(金)〜 3日(日) 京都アートコンプレックス
・神戸:2006年12月 8日(金)〜10日(日) 神戸アートビレッジセンター
・福岡:2007年 2月 3日(土)〜 4日(日) 福岡アジア美術館
・仙台:2007年 2月23日(金)〜24日(土) せんだいメディアテーク

RESFEST JAPAN事務局
03-3406-8835


WU-TANG CLAN(ウータン・クラン)の関連情報&レコードはこちら!
http://www.soundtable.co.jp/news.php?newsid=730&cid=styn20061107_02
11月7日 soundtable



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:Hip Hop

ジョン・レジェンド、新作を引っさげ待望の来日公演決定

ジョン・レジェンド、新作を引っさげ待望の来日公演決定

04年末発売のデビュー・アルバム『ゲット・リフテッド』が世界で300万を超える大ヒットを記録、第48回グラミー賞では新人ながら最多8部門ノミネート/3部門受賞と、デビューからわずか1年にしてスーパー・スターの座を獲得したジョン・レジェンド。そんな前作にも増してソウルフルでダイナミックな2ndアルバム『ワンス・アゲイン』を10月25日(水)にリリースしたばかりだが、本作を引っさげて待望のジャパン・ツアーを実施することが決定した。公演日程は07年1月10日(水)なんばHATCH、1月11日(木)国際フォーラム ホールA、1月13日(土)名古屋ダイアモンドホール。料金は大阪・東京公演ともに7,000円(税込/1ドリンク別)、名古屋公演は未定となっている。また、チケットの発売日は東京公演が11月26日(日)からとなっているが、それ以外の2公演については現在調整中であり、決定次第<クリエイティブマン>( http://www.creativeman.co.jp/ )にて発表されるのでこまめにチェックしよう。
11月8日 ListenJapan



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:R&B

オアシス出演! MySpace Japanオープン記念シークレットギグにご招待!!

オアシス出演! MySpace Japanオープン記念シークレットギグにご招待!!

1億人以上の会員数を誇り、米国ではYahoo.comをトラフィックで、動画再生回数でYouTubeを超えるなど、名実ともに世界最大級のSNS、MySpace.com。たとえば、オアシス以来、イギリス最大の新人と言われるロックバンド、アークティック・モンキーズもこのMySpace.comでの曲の配信から、口コミで人気に火がついたのだ。その知名度と期待度は、日本版上陸のウワサが流れただけで、某国内大手SNSの株価が下落した程。そして、その日本版、MySpace Japanがついにスタートする!  http://jp.myspace.com

そんな中、初のベスト・アルバム『Stop The Clocks』をリースする英超人気バンド、オアシスが、ベスト盤のリリースとMySpace Japanのオープンを記念して、来週シークレットのアコースティック・ギグを都内で行なう! なお、今回の出演はノエルとゲムとなっている。

この超スペシャルなライヴにMySpace Japanでは600名様をご招待! 応募のためには、MySpace Japanに会員登録したうえで、オアシスのトリビアクイズに正解する必要があるぞ。詳細は以下の通りだ。この歴史的にも超レアなライヴを見逃すな!

11月8日 BARKS



海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:OASIS

2006年11月07日

プラシーボの1st発売10周年記念盤、日本発売決定

プラシーボの1st発売10周年記念盤、日本発売決定

1996年の発売から10周年を迎えたのを記念し、プラシーボの1stアルバム『プラシーボ』が10thアニヴァーサリー・コレクターズ・エディションとして日本でも再登場! 日本盤(TOCP-70163 税込3,800円)は12月13日に発売される予定です。

 海外盤同様、新たにデジタル・リマスタリングされたオリジナル作に、未発表デモなどのレア音源を追加。また本作はCD+DVD作品での発売で、ボーナスDVDにはビデオ・クリップ、未発表ライヴ、TV番組出演映像などを収めています。なお日本盤にはメンバーによるメッセージ、彼らが影響を受けたデヴィッド・ボウイからのメッセージなどが掲載された日本語ブックレットも封入される予定。未購入であったアナタならこれを機にぜひ!

11月7日 CDジャーナル

海外芸能情報 にほんブログ村
タグ:ROCK
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。