にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ
にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ セレブ系へ
banner_03.gif

2007年11月01日

ブリトニー・スピアーズ、親権は未だ取り戻せず

ブリトニー・スピアーズ、親権は未だ取り戻せず→Ranking

(PR)今だけ特別価格!ルイ・ヴィトン、エルメス、グッチ、シャネル
→Ranking


(PR)口コミ評判のセレブ気分アイテム満載★

(PR)一見の価値あり!「箱つぶれ」激安コスメ
現地時間の30日、ブリトニー・スピアーズが子供たちの親権を現時点では取り戻せないことが、担当の裁判官によって決定され、育児コーチからのレポートの一部の詳細が公表された。

MTV JAPAN.comによると、ロサンゼルス上級裁判所のスコット・ゴードン検察官は、育児コーチから10月19日に提出されたレポートを精査し、ブリトニーに良い判定をしなかった。

育児コーチのリサ・ハッカー氏は、レポートと公聴会での証言の中で、ブリトニーには「従来の意味での暴力的な」特性はないものの、幼い二人の息子たちに対して不注意だったことを懸念していると述べた。息子たちと面会中、彼女と子供たちの交流は「子供中心」ではなく、ブリトニーは子供たちと「完全に」一緒にはいなかったとしている。

リサ・ハッカー氏は、「彼女の選択は、子供たちにとって何が楽しいかということよりも、常に彼女が何をしたいのかによって決まっていたようでした」とハッカー氏はレポートに記した。加えて彼女は、子供たちにはきちんとしたスケジュールや習慣がなく、「ごく僅かなコミュニケーションしかない、混沌とした陰気な」環境で過ごしていたとして、「3度の訪問の間に、スピアーズさんは会話でも遊びでも、ほとんど子供たちに関与していなかった」と明かしている。

要するに、ブリトニー自信は、自分の事でいっぱいということなのだろう。

レポートを提出した後にもう一度ブリトニーを訪問すると、ブリトニーは息子たちと以前よりも交流していたそうで、良い兆候だとしながらも、「問題は、スピアーズさんが自身の行動の生み出す結果や、それによる子供たちへのインパクトに気づかない限り、何もうまくいかないということです」とリサ・ハッカー氏は綴っている。

ハッカー氏が懸念していたのは、子供たちの喜びの度合いだけではない。彼女はブリトニーの所有する家はどれも子供にとって安全ではなかったと特記。裁判官に対し、家が子供にとって安全であるという証明書を提出することを命じるよう促した。さらにブリトニーは、チャイルドシートを装備していない限りは、子供たちを車に乗せることはできないと命じられた。

ブリトニーは毎週2回の薬物検査も引き続き提出するように命じられた。検査は抜きうちで、検査施設から6時間前に電話で連絡が行くことになる。3度の着信に対し、1時間以内に電話を返さなかった場合は、失格とみなされる。60日間に渡って飲酒や薬物使用をしていないと認められた場合、検査は週1回に減らされ、電話を返す期限は2時間に延長されるそうだ。

子供たちへの訪問(週1泊2日)は、引き続き監視される。ブリトニーとケヴィンは、訪問スケジュールや今後の祝日(感謝祭やクリスマスなど)の過ごし方に関する同意書を、金曜日までに裁判所に提出することを義務付けられた。

次回の公聴会は11月26日。同日にはブリトニーの無免許運転に関する公聴会も実施される。

ブリトニー・スピアーズが、本当に子供達と一緒にいたいと思うなら、育児コーチや裁判官の指示を聞くことが最善の方法なのだが、それができないのが、早くからスーパースターになってしまった者の性なのかもしれない。→Ranking
☆2008年のセレブのカレンダーはお早めに!!☆

(PR)1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ「FXプライム」
いつも読んで下さり、ありがとうございます。
→BLOG Rankingの一日一度CLICKにご協力ください。
あなたの一日一度のCLICKが管理人の更なるネタ集めやる気につながります。
→BLOG Ranking
ブログパーツ







にほんブログ村 海外芸能情報
噂 スキャンダル ゴシップレス☆海外セレブ・ゴシップ
ブリトニー・スピアーズ
ランキング海外芸能情報 ブログ村ファッション・セレブ ブログ村
海外ゴシップ新着記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。