にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ
にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ セレブ系へ
banner_03.gif

2007年06月13日

パリス・ヒルトン獄中電話インタビュー&獄中写真の噂

パリス・ヒルトン獄中電話インタビュー&獄中写真の噂→Ranking

[PR]ヒアルロン酸ならピンククロス

→Ranking


(PR)アウトレットコーナーも!夏に向け大活躍♪Tシャツブラや、大ヒット「夢みるブラ」トリンプ&アモスタイル

(PR)一見の価値あり!「箱つぶれ」激安コスメ
保護観察中に違法運転を行って禁固刑判決を受けた米タレントのパリス・ヒルトン受刑者が再収監された当地の刑務所病院から電話で、バーバラ・ウォルターズ(Barbara Walters)のインタヴューに答えたと時事通信が伝えている。→Ranking

米国11日、ABCテレビ「The View」の人気司会者でジャーナリストのバーバラ・ウォルターズがパリスの母親のキャシー・ヒルトン(Kathy Hilton)との生中継の電話インタビュー中に、偶然キャシーに電話したパリスが、バーバラと話したいと言い出したことがきっかけ。

ウォルターズによると、パリス・ヒルトンはインタビューで、禁固刑は生活態度を変えよと自分に目覚めを促す神の呼び掛けだとし述べた。

パリスは「禁固刑になり、自分が全くの別人になったようです。食事も取れませんでした、まるで自分が檻の中に入れられているような感じでいた」と話した。

何か変わったか?との質問に対して「もう今までの自分ではない、今まではバカなことをしていた。26歳で、そのような行動はかわいくないので、ここ(刑務所)から出たら、これまでと違ったことをやりたいと考えている。もっと精神的な人間になった。神が私にこの新たなチャンスを与えてくれた。乳がんの啓蒙キャンペーンや多発性硬化症の患者を助ける活動をしたりとか、パリス・ヒルトン遊技場を造って病気の子供たちに寄付したい」などと話した。

化粧が許されない獄中生活については、「最初の数日はまったく食べることも眠ることもできなかった、保湿クリームが使えないので、肌が乾燥してかさかさになった」としも話したが、「(化粧は)関係ない、私はうわべだけの女性ではない。ここに来てからは鏡も見ていない。」とも。

ヒルトン受刑者は刑務所病院で、ADD(注意欠陥障害)と閉所恐怖症のため精神安定剤の処方を受けているとも報道されているが、ウォルターズは、「彼女の声は疲れているようだったが、しっかりと意識して発言していた」と述べている。

ただ、いろいろな面でセレブ扱いはされているようで、オリコンによると、刑務所の広報、スティーブ・ホワイトモア氏がTNZ.comに答え、一般の女性受刑者にかかる一日の費用は99.64ドルであるところが、パリスには10倍以上の1109.78ドルもかかっているという。

これには他の囚人から隔離するための処置や、2人部屋の個人使用、病棟での治療、診察などの費用が含まれている。

また妹のニッキー・ヒルトン(Nicky Hilton)が、パリスの面会に来た際も、通常は長時間の行列に並ぶにもかかわらず、その列に割り込んでいるところがパパラッチされている。

一部報道ではパリスの獄中での姿、囚人服姿と下着姿の二枚が、他の受刑者の携帯電話のカメラで録られて、その受刑者の携帯を押収する直前に、受刑者の友人にメールで送られたとも噂され始めているという。→Ranking
[PR]なかなか恥ずかしくて買えないラブアイテムもネットだと安心!


いつも読んで下さり、ありがとうございます。
→BLOG Rankingの一日一度CLICKにご協力ください。
あなたの一日一度のCLICKが管理人の更なるネタ集めやる気につながります。
→BLOG Ranking
ブログパーツ




にほんブログ村 海外芸能情報
海外ゴシップ新着記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。