にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ
にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ セレブ系へ
banner_03.gif

2007年02月26日

菊池凛子ならず、ジェニファー・ハドソンが助演女優賞受賞

菊池凛子ならず、ジェニファー・ハドソンが助演女優賞受賞[PR]IMAGE

→Ranking

(PR)ホワイトデーセール!!乙女ゴコロに響くアイテム満載
助演女優賞に「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンが決まり、「バベル」の菊地凛子は受賞を逃した。また「もしも昨日が選べたら」でメーキャップ賞の候補だった辻一弘(37)も選にもれた。→Ranking

(以下引用毎日新聞)
米映画界最大の祭典である第79回アカデミー賞発表・授賞式が25日(日本時間26日)、ロサンゼルスのコダックシアターで開かれ、助演女優賞に「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンさんが決まり、同賞にノミネートされていた菊地凛子さん(26)は惜しくも受賞を逃した。「もしも昨日が選べたら」でメーキャップ賞の候補だった辻一弘さん(37)も選にもれた。授賞式ではこのほか、日本人俳優がほぼ全編を演じた「硫黄島からの手紙」が作品賞、監督賞など4賞で候補に挙がっている。
 菊地さんは、「バベル」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)に出演し、ろうあの女子高校生を演じた。モロッコ、東京、米国、メキシコが舞台で、コミュニケーションができずに苦しむ家族に焦点が当てられている。
 アカデミー賞は06年に米国で公開された映画が対象で、俳優、監督、プロデューサーら約6000人で構成される映画芸術科学アカデミーの会員の投票で決まる。
 助演男優賞には「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキンさん、長編アニメーションには「ハッピー フィート」が決まった。
 ■49年ぶり日本人俳優受賞は実現せず
 【ロサンゼルス國枝すみれ】ハリウッドの壁は厚かった。第79回アカデミー賞で助演女優賞候補だった菊地凛子さん(26)が受賞を逃し、49年ぶりの日本人俳優受賞は実現しなかった。
 この日、菊地凛子さんは、肩の大きく開いたシャネルの黒のドレスで、授賞式会場となるコダックシアター前のレッドカーペットに登場した。
 記者たちの質問に、「幸せです」と菊地さん。「バベルという映画にかかわり2年になるが、みなさんが期待してくれて心強いです。映画は総合芸術であり、私だけではここに立てなかった。監督やスタッフに感謝したい」と堂々とした表情で語った。
 ファッショナブルな印象の強い菊地さんだが、今回のドレスを選んだ理由は「洋服の中にスピリットがあるしエレガントだから」と説明した。
 一方、作品賞、監督賞などにノミネートされた「硫黄島からの手紙」に主演した渡辺謙さんも、妻で女優の南果歩さんとともに姿を現した。渡辺さんは「このように評価されたことで、(作品のテーマが)世界にダイレクトに伝わることをまざまざと感じた」と話した。
 菊地さんが演じたのは、東京で役所広司さんが演じる父親と2人で暮らすろうあの女子高校生。シカゴ映画批評家協会の助演女優賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューの新人女優賞にあたるブレークスルー・パーフォーマンス賞を獲得するなど、米国で高く評価されていた。
 しかし、アカデミー賞候補となったことで、国際女優として認められたことは確かだ。すでに、海外の作品への出演依頼を受けている。
 「ドリームガールズ」で助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンさんは、プロの女優ではなく、人気テレビ番組「アメリカン・アイドル」に応募。最終局面で「力不足」と落とされたが、あきらめることなくオーディションを受け、ハリウッドデビューを果たした。 →Ranking
[PR]なかなか恥ずかしくて買えないラブアイテムもネットだと安心!

ブログパーツ




にほんブログ村 海外芸能情報
海外ゴシップ新着記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。